資金調達・銀行交渉・中小企業支援│トラビス活動ブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社トラビスの活動ブログです。

運転資金に苦しむ会社の実例 その1
運転資金が何故苦しいかが本当の意味で中々理解しづらいところですので、実例をもって見ていきたいと思います。 この会社は年商が8億円弱、利益は何とか確保しているという状況です。借入金は3億円程度ありますが、一般的な中小企業ではよくあるパターンです。 この会社の問題点は取引銀行が信用金庫に集中しすぎていて、付き合いやバランスの改善と称して毎月の積立定期預金の積立額が135万円もあること。信用金庫の場合積立預金は中々使わせてくれませんので自分のお金であって、自分のお金でないということがよくあります。 また、銀行も分散していることや資金調達の戦略も中々とれなかったため、結果的に毎月の返済額が700万円程度になっていて、積立定期預金分と合わせて、1年間で約1億円の資金が不足するということになります。 では、この1億円を毎年どのように返済していくかになりますが、ます返済の原資として浮かぶのが利益になりますが、このご時世で中々中小企業が高収益を上げるというのは簡単なものではありません。大手企業ですら、増益報道されていますが、利益率でみれば中小・零細企業に大きく見劣りしているケースが多いように思います。 次に返済原資として浮かぶのが、資産の現金化と負債の増加です。 負債の増加とは仕入れ代金の支払いの繰り延べなどがあげられますが、ビジネスを続けていく以上好ましいものではありません。仕入れ先を大事にしないとビジネスができなくなるからです。 資産の現金化ですが、固定資産を売却やリース化したり、在庫を処分したり、売掛金の回収サイトを縮めてもらうなどがあげられます。ここは、努力すべきでしょう。ここは努力した分自身の借入金が減って無借金経営に一歩でも近づけることとなります。 そして、以上努力した結果さらに足らないギャップ部分を年度資金として調達することになります。 しかし、この年度資金のコントロール(つまり金融機関との交渉)がうまくできていないために、運転資金に苦しむという構図になってしまってます。 この部分の融資の交渉をきちんと進めていくことにより、資金繰りは格段に楽になります。 またこの部分の交渉はポイントがありますので、そのポイントさえ外さなければ比較的にスムーズに進みます。 しかし、ポイントを間違えば苦しい状況から脱することはなかなかできません。 皆様はどちらを選択されますか?
トラビス代表・中小企業経営支援コンサルタント | 09:48
中小・零細企業が融資を受けるのに財務データが重要である
何度も何度も言い続けてますが、中小・零細企業も融資を受けるのには決算書の内容が一番重要です。 どう重要かと言いますと、銀行目線での決算書が重要なのです。 極端に言えば、何が損金で落ちて何が損金で落ちない、、また何が益金で何が益金でないかという税務会計よりも、財務会計の方が重要なのです。 さらにその重要な財務会計で作成されるべき決算書の中身のバランス感覚が必要なのであります。 このバランス感覚は簡単には身にはつかないですが、 ‖召凌字と関連して常識的にはあり得ない数字がある 勘定科目が少なすぎる B濕畋仂班修搬傘弖彁蚕颪離丱薀鵐垢合っていない などの傾向から見抜けます。 そして次に大事なのが、見る側の見方を知っておくということです。 そもそも、見る側の考えた方を知らずして、報告書類を作り上げるというのが無理があるのです。 ただ、細工をしようとは言うつもりは一切ないです。 与えられたルールの中で知恵を絞ればよりベターなものが出来るのではないかということです。 細かく分ければ同じ会社でも100人いれば100通りの決算書が出来上がると言われる所以です。 同じ作るなら合格点をもらえる上位に入る方がいいのではないでしょうか? 現在どうなっているのか、見つめなおしていただきたいと思います。
トラビス代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:54
融資を受ける中小・零細企業に銀行再編が与える影響
少し前にも北関東の方で地方銀行が統合し、地銀第3位グループが誕生すると報道されました。 銀行の再編というのは必要なことかもしれません。 銀行が体力をつけることは取引先企業にとって必要なことかもしません。 ただ、最近の再編を見ていると、人口減によりマーケットに限界を感じ再編しているケースが多いように思います。 つまり、収益基盤が強くない中で、再編により管理コストなどの重複部分のコストを削減しようというものです。 一方で、これらのような再編は中小・零細企業にとって決してプラスにはならない様に思います。 中小・零細企業は信用力が乏しいケースが多く、銀行としても中々信用枠を供与できるというものではありません。 例えば、AとBの2つの銀行から500万円の信用枠を供与されていた場合、銀行の統合があった場合、足して1000万円の信用枠を与えられるものではありません。あくまで、この企業には500万円というのが実情になろうかと思います。 つまり、500万円をどこかで調達しなければならないということになります。 しかし、銀行の統合により、銀行数そのものが減っており、かわりに相談しようにも相談できる銀行数そのものが少なくなってしまってます。 今後ますますこの様な事が起こりうる可能性が高くなってきます。 ではどうするかということになりますが、やはり借入金への依存体質から脱却していくことが必要になろうかと思います。 そのために中小・零細企業であろうと、財務戦略を考え、実行していく時代がきているように思います。
トラビス代表・中小企業経営支援コンサルタント | 09:51
決算月前後の資金繰りには要注意
中小・零細企業にとって決算月前1か月程度・決算月後の3か月程度は資金繰り上一番厳しい時期に入ります。 あまり借り入れを増やしたくなく、ギリギリで運用している会社程このジレンマを感じることが大きいのではないでしょうか? 何故なら決算月あたりになってくると、銀行は決算書が出来てから考えましょう等と言います。 でも支払いは決算書が出来るまでは待ってはくれません。 税金も決算月から2か月後には支払わなければなりません。 利益の大小にかかわらず、消費税は思った以上に納付額が発生する場合があり、資金繰りを苦しめる原因になります。 でも、融資審査上は決算書が出来上がるまで待ってほしいと言われます。 では、どうするかと言いますと自己防衛するしかないのです。 つまり、資金繰り上突発的なアクシデントは仕方ないとしても、大体3〜6ヶ月先程度であれば、その間の返済資金や納税見込み額や立て替え資金の発生見込み額は見えて来るものです。 営業や技術中心で苦手な経営者でも専門的にその仕事をしているものからすれば大体わかるものなんです。 これらを見越して前倒しで資金を調達しておくしかないのです。 余った資金は何時でも返済できます。 足らない時に信用という手形は不渡りになります。 どちらがいいかは考えるまでもないかと思います。
トラビス代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:29
銀行と付き合う上でのポイント
銀行と付き合う上での財務上以外での大事なポイントを何点かあげておきます。 〃荵蚕颪禄侏莨紊ったら持参する方が望ましいです。  せっかくの1年分の報告ですから、こちらからお持ちしてという気持ちが大事であろうかと思います。  加えまして、その決算期の事業の総括と今後の見込みについてもきちんと報告書で作成するのがいいでしょう。ただし、枚 数的には2〜3枚程度で十分です。 ∋郢刺修歪蟯的に報告する  試算表の位置づけは銀行の目線から言えば低いです。しかしながら、業績の推移の確認という意味では意味があるもの ですので定期的に開示しておくことが望ましいでしょう。 C甘者とは定期的に顔を合わせる  雑談でも結構です。日ごろから情報交換をしておくことで、いざという時に前から言っていたこと等は伝わりやすく、融資に  とってメリットが大きいです。同じ内容を言っても、いざという時に伝えると余裕がなく切羽詰まった感が出てしまいますが、 前もって伝えてある情報の場合計画的あったり事前準備が出来ているとなります。 っ甘者の言いなりにならない  よくキャンペーンと称してクレジットカードやパソコンバンキングや投資信託などの協力を要請してきます。これに全部答えな い方がいいかと思います。全部応えてしまうとすぐに玉がなくなり、担当者から見て興味がなくなってします。いかにまだまだ 担当者にとってメリットがあるかということを演じ続けることが大事なのです。 イ垢阿望綮覆妨世錣覆  誰もが自分を飛ばして上司に言われるのは気分がよくないものです。確かに上司に言った方が早いです。その速さを求め すぎて担当者の気分をいい気にしないことは避けた方がいいでしょう。必ずと言っていい程しっぺ返しが来ます。  これらのポイントは当たり前のように出来ていない中小・零細企業が多いように思います。 何度も言いますが、銀行からの評価は意外と相対的評価も大きいです。 つまり、やった方がやらないより評価が高いということです。 どちらを選択されるかは当たり前のように決まると思うのですが・・・。 もし難しいのならばその役割を全うできる人材に任せればいいのです。
トラビス代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:27
Page: 1/32   >>
トラビス活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-4981-9123 FAX06-4981-9123