資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

条件変更の状態から抜け出すには
条件変更の状況にあると新規の融資が受けられない等資金繰り上すごく制約が出てきます。 従いまして、条件変更の状態をいかに抜け出すかが問題になってきます。 この問題を解決するのが経営者の仕事の1つということになります。 基本的に取引銀行で正常化に戻してもらうのは困難と言えるでしょう。 できるとすればメイン銀行1行取引の場合などに限定すれば可能かもしれません。 でも、こういうケースはレアなケースではないかと思います。 一般的には、別の銀行で借り換えて正常に戻すか、ノンバンクで借り換えて正常に戻すということになります。 いずれにしても、返済を可能にするだけの利益の見込み(減価償却費を含む)が必要になります。 別の銀行で借り換えるのは基本的には難しいです。他行で条件変更をしているだけで取り組み不可とする銀行が圧倒的に多いからです。中には対応してくれる金融機関もありますが稀です。 また、借り換えるとしても資産処分して借り入れの圧縮を求められるケースも多いようです。 ノンバンクを活用する場合には資産処分は求められないケースが多いようですが、金利が高くなるのが不利な条件の1つになります。一旦、ノンバンクで借り換えて、落ち着いてから銀行で借り換えるという2段構えがいいかと思います。 こういう場合のノンバンクは悪ではない様に思います。 いずれにしても条件変更の状態から抜け出すには個別案件ごとにナーバスな問題ですので正解をここで述べることはできません。正解を求めてチャレンジしていくということになります。そして正解に導いてくれるパートナーやアドバイザーに出会うことこそが一番の条件変更から抜け出す近道と言えると思います。
サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:14
<< 融資審査をしてもらっている期間の注意事項融資を受けることができた会社の実例  その6 >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009