資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

政府系金融機関と付き合うことのメリット
政府系金融機関と付き合うことのメリットとしては色々とありますが、大きなメリットとして預金などを求められないということでしょうか。 融資取引をすると、定期預金をしてほしいとか言われることが多いですが、定期預金をするくらいなら、その分の資金など普通は借りないです。積立預金を始めり場合もそうです。 融資を受けるときに資金計画や資金繰り表などを作成することが多いですが、キャッシュフローで返済できるかどうかを見ていくためのものです。 これら表を作成しなくても、融資がキャッシュフローで返済できるかを融資判断するまずです。もともと返済年数は銀行の与信管理の都合上決められているものですから、返済には無理があります。 一方で、積立預金はキャッシュフローからしか作成できません。 つまり、積立預金そのものが融資の返済を苦しくしているのです。 ですから、こういう観点からも定期預金や積立預金を求められない政府系金融機関はメリットが大きいといえるでしょう。 このような定期預金や積立預金は資金が滞留することになります。資金効率上よくありません。 でも取引上必要と言われます。 例えば、1000万円融資を受けるときに、300万円ほどの定期預金を求められるとします。 これを、700万円にして、300万円の定期預金をなしにしてほしいと言っても、その融資は大体がダメになります。 このようなことが政府系金融機関にはないです。 でも、銀行の場合はできる担当者に当たれば(運に任せることになりますが)、色々と相談に乗ってくれて非常に会社のためになることがあります。この場合は定期預金なんて安いものです。 バランス良くお付き合いできることをお勧めします。
サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:12
<< 中小・零細企業の大阪での資金調達の動向 その2リスケ中の会社の資金繰りが成り立った実例 その3 >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009