資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

中小・零細企業が融資を受けるのに財務データが重要である
何度も何度も言い続けてますが、中小・零細企業も融資を受けるのには決算書の内容が一番重要です。 どう重要かと言いますと、銀行目線での決算書が重要なのです。 極端に言えば、何が損金で落ちて何が損金で落ちない、、また何が益金で何が益金でないかという税務会計よりも、財務会計の方が重要なのです。 さらにその重要な財務会計で作成されるべき決算書の中身のバランス感覚が必要なのであります。 このバランス感覚は簡単には身にはつかないですが、 ‖召凌字と関連して常識的にはあり得ない数字がある 勘定科目が少なすぎる B濕畋仂班修搬傘弖彁蚕颪離丱薀鵐垢合っていない などの傾向から見抜けます。 そして次に大事なのが、見る側の見方を知っておくということです。 そもそも、見る側の考えた方を知らずして、報告書類を作り上げるというのが無理があるのです。 ただ、細工をしようとは言うつもりは一切ないです。 与えられたルールの中で知恵を絞ればよりベターなものが出来るのではないかということです。 細かく分ければ同じ会社でも100人いれば100通りの決算書が出来上がると言われる所以です。 同じ作るなら合格点をもらえる上位に入る方がいいのではないでしょうか? 現在どうなっているのか、見つめなおしていただきたいと思います。
サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 10:54
<< 融資を受ける中小・零細企業に銀行再編が与える影響運転資金に苦しむ会社の実例 その1 >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009