資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

運転資金に苦しむ会社の実例 その1
運転資金が何故苦しいかが本当の意味で中々理解しづらいところですので、実例をもって見ていきたいと思います。 この会社は年商が8億円弱、利益は何とか確保しているという状況です。借入金は3億円程度ありますが、一般的な中小企業ではよくあるパターンです。 この会社の問題点は取引銀行が信用金庫に集中しすぎていて、付き合いやバランスの改善と称して毎月の積立定期預金の積立額が135万円もあること。信用金庫の場合積立預金は中々使わせてくれませんので自分のお金であって、自分のお金でないということがよくあります。 また、銀行も分散していることや資金調達の戦略も中々とれなかったため、結果的に毎月の返済額が700万円程度になっていて、積立定期預金分と合わせて、1年間で約1億円の資金が不足するということになります。 では、この1億円を毎年どのように返済していくかになりますが、ます返済の原資として浮かぶのが利益になりますが、このご時世で中々中小企業が高収益を上げるというのは簡単なものではありません。大手企業ですら、増益報道されていますが、利益率でみれば中小・零細企業に大きく見劣りしているケースが多いように思います。 次に返済原資として浮かぶのが、資産の現金化と負債の増加です。 負債の増加とは仕入れ代金の支払いの繰り延べなどがあげられますが、ビジネスを続けていく以上好ましいものではありません。仕入れ先を大事にしないとビジネスができなくなるからです。 資産の現金化ですが、固定資産を売却やリース化したり、在庫を処分したり、売掛金の回収サイトを縮めてもらうなどがあげられます。ここは、努力すべきでしょう。ここは努力した分自身の借入金が減って無借金経営に一歩でも近づけることとなります。 そして、以上努力した結果さらに足らないギャップ部分を年度資金として調達することになります。 しかし、この年度資金のコントロール(つまり金融機関との交渉)がうまくできていないために、運転資金に苦しむという構図になってしまってます。 この部分の融資の交渉をきちんと進めていくことにより、資金繰りは格段に楽になります。 またこの部分の交渉はポイントがありますので、そのポイントさえ外さなければ比較的にスムーズに進みます。 しかし、ポイントを間違えば苦しい状況から脱することはなかなかできません。 皆様はどちらを選択されますか?
サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 09:48
<< 中小・零細企業が融資を受けるのに財務データが重要である中小零細企業における正常な融資残高とは >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009