資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

融資を受けるのに事業計画は必要か?

結論から言って事業計画は融資を受けるに当たってはあまり重要ではないと思います。

 

理由は事業計画はあくまで絵に描いた餅だからです。

銀行に数年後のことまで判断できないからです。

今までの実績から判断するしかないんです。

 

では開業融資の場合はどうか?

これも事業計画は二の次です。

大事なのは今までの公共料金の支払状況やローンや家賃の支払状況、計画的な預金の積立などの過去の実績が大事なんです。約束に日にきちんと支払ってきたという実績が大事です。



では事業計画は必要がないのかというとそうではありません。

事業計画は融資のために必要なのではなく、経営者自らのために必要なのです。

 

売上をどのようにあげるか?、経費はどのくらい必要か?などを経営者が見つめ直すことが必要なのです。

このようにして作った事業計画が実現性の高い計画となり、結果として融資をうけるための事業計画のベースとして使えるのです。


だから順番を間違えないでいただきたいと思います。

サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 09:56
<< 生命保険について考える その5銀行の融資へのリスクの考え方の問題点 その1 >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009