資金調達・銀行交渉・中小企業支援│サクセスクルーブログ

資金調達・銀行交渉をはじめ、社内の財務を中心に中小企業を支援する株式会社サクセスクルーの活動ブログです。

中小・零細企業が融資を受けるには

中小・零細の事業者の場合には基本的には日本政策金融公庫をお勧めしています。
理由としましては、考え方がすべての金融機関の中で一番まともだと思っているからです。

まずは、日常の支払い状況を重視することにあります。当然今まできちんと出来ている方はこれからもきちんと支払っていく確率が高い。私の経験からもその通りだと言えます。
つまり、個人信用情報が大事ということになります。
従いまして、表面上債務超過だからと言って審査が進まないということはありません。
今後の見込みなどをきちんと聞いてくれた上で対応していただけます。

しかし、銀行や信用金庫などは、まず債務超過だとそこでアウト。
債務超過になっている原因などは全く聞いてくれません。

ある会社の場合、多額の役員報酬などで債務超過になっていましたが、生活費以外は預金としていざと言う時のためにプールしていました。そのプールの額が累積赤字額と見合っていましたのです。この会社は日本政策金融公庫からは満額回答、銀行や信用金庫は入り口で断られました。
当然その後の返済は全くもって約定通りに返済しています。

つまり、実態を見てくれるのは日本政策金融公庫です。銀行などは実態を見るといいつつも、表面で判断する傾向が強いです。

サクセスクルー代表・中小企業経営支援コンサルタント | 09:59
<< 中小企業から見る生命保険の必要性は融資をより確実なものとするために >>
Comment
Posted by: |at:








サクセスクルー活動ブログTOP
資金調達・銀行交渉・中小企業支援に関するお問い合わせフォームはこちら
お気軽にお問合せください。TEL06-6366-3008 FAX06-6366-3009